出来事

 


ルルドの聖母記念日ミサ

2020年2月11日(火) ルルドの聖母記念日ミサ

 

 本河内教会では、1858年2月11日にフランスのルルドに現れた聖母を記念するミサが午前9時から捧げられ、市内各地からの参加がありました。 
 この日は特に、コルベ神父様が開いた本河内教会に付随するルルドに参詣し、通常の条件(聖体拝領・ゆるしの秘跡・教皇の意向に従った祈り)を満たすと全免償を受けられる数少ない日であり、死者のために全免償を希望する多くの信徒の方々が参加しました。
 ミサを司式した山口主任神父様は説教で、自己の償いと罪びとの回心のために祈ること、また死者のための全免償の意味を話され、無原罪の聖母に取次を願うよう呼びかけました。
 

 ミサに引き続き、好天に恵まれたルルドまでの小道をロザリオ行列が行われ、皆で祈りながら登りました。ルルド到着後は、小神学生の先唱で教皇様の意向に従った祈りを全員で唱えた後、感謝のうちに散会となりました。

自動車と運転手の祝福式

2020年1月5日(日) 自動車と運転手の祝福式
 
 9時のミサ後、聖コルベ記念館前の駐車場で、自動車と運転手の祝福式が行われました。
  式は、自動車と車に乗る人を祝福して、1年間の無事を祈り事故やすべての災いから遠ざけてくださるように神に願うものです。
 年の初めにあたり、神様に守られて安全運転ができるよう参加者全員で祈りを捧げた後、山口主任神父様から車を1台1台聖水で祝福していただきました。